本記事はセルフホスティング向けの記事です。マネージドホスティングは弊社サポートチームが定期的にアップデートを行っています。
 

アップデート内容

アップデート内容は Amazon Linux AMI 2016.03 Release Notes (本稿執筆時点) をご確認ください。
 

注意点

手順の中で実行するコマンドを以下に紹介します。
 

手順

 1. ターミナルなどでサーバへ SSH 接続します

ssh -i ~/path/to/your/pemfile.pem ec2-user@IP-address-or-domain

 
2. 以下のコマンドを1行ずつ実行してください。
実行後はサーバを再起動するため、サーバから切断されますが、正しい動作です。

sudo su -

curl -L -s https://raw.githubusercontent.com/amimoto-ami/amimoto-update/master/amimoto_update.sh | bash

reboot

3. 再起動後、サーバへもう一度接続してください。
再起動の状況は AWS コンソールなどで確認をしてください。

ssh -i ~/path/to/your/pemfile.pem ec2-user@IP-address-or-domain


接続後に以下のようにインスタンスの AMI が更新されていることを確認してください。

Last login: xxx xxx xx xx:xx:xx xxxx from xxx.xxx.xxx.xxx
      ___         _            __
     / _ | __ _  (_)_ _  ___  / /____
    / __ |/  ' \/ /  ' \/ _ \/ __/ _ \
   /_/ |_/_/_/_/_/_/_/_/\___/\__/\___/

https://aws.amazon.com/amazon-linux-ami/2016.03-release-notes/
Nginx 1.11.1, PHP 5.6.22, Percona MySQL 5.6.30, WP-CLI 0.23.1
 amimoto     http://www.amimoto-ami.com/
 digitalcube https://en.digitalcube.jp/

 
4. サイトの表示崩れ等の異常がないことを確認しアップデートは完了です。

Did this answer your question?