前回までで AMIMOTO AMIを利用して作成したインスタンスのWordPressを独自ドメインで表示できるようになりました。今回はちょっと便利なコマンドラインツール「WP-CLI」をご紹介します。
 

 WP-CLIとは

http://wp-cli.org/

WP-CLI はコマンドラインからWordPressのセットアップを含むすべてのことが行えるツール です。

例えば次のような作業がコマンドラインで行えます。

  • WordPress本体のインストールやアップグレード
  • プラグインやテーマのインストール・アップデート、有効化・無効化
  • データベースの操作
  • 投稿・固定ページ関する操作

※ AMIMOTO AMIはver1.1以降で標準でインストールされています。
 

WP-CLIを使った操作例

  1. WP-CLI を使用する場合は、まずサーバへ SSH 接続を行ってください。(※) 
  2. 次に WordPress のインストールディレクトリに移動 (cd /var/www/vhosts/ご利用ドメイン名) してください。
  3. 続いて wp  コマンドを使用してください。


※ AMIMOTO AMI の場合 ec2-user  でログインしているとディレクトリやファイルの作成などが行えませんので、ログイン後 sudo で実行してください。
 

インストール済みのプラグイン情報を見る

$ wp plugin status

プラグインの有効化・無効化(複数指定可能)

WP Multibyte Patch と Akismet を有効化・無効化

$ wp plugin activate wp-multibyte-patch akismet
$ wp plugin deactivate wp-multibyte-patch akismet

インストールして有効化(例:Breadcrumb NavXT)

$ wp plugin install breadcrumb-navxt --activate 

※ 公式ディレクトリのプラグイン以外にも .zipファイルを指定してインストールすることも可能です。

プラグインのアップデート

$ wp plugin update akismet

データベースのインポート・エクスポート

$ wp db import foo.sql
$ wp db export foo.sql

※  AMIMOTO マネージドホスティングプランでは phpMyAdmin をご利用いただけます。
AWS マーケットプレイスからインスタンスを作成した場合は /etc/nginx/conf.d/DOMAIN-NAME.conf を書き換えることで phpMyAdmin の利用が可能です。詳細は、セルフホスティングでは phpMyAdmin は使えますか? をご参考ください。

データベース内のテキストの検索・置換

$ wp search-replace 'http://example.dev' 'http://example.com' --skip-columns=guid

※ シリアライズされた文字列も正しく処理されます。


コマンドラインのいいところ

これまで紹介したコマンドはほぼダッシュボードからも同様の操作が行えます。
コマンドラインで操作を行えることのメリットは **「自動化」** にあります。
例えば「いつも使う複数のプラグインを一括インストールして有効化」という一連の操作の場合、今までならダッシュボードでプラグインを検索してインストールと有効化を複数回繰り返しましたが、同様の操作を行うシェルスクリプトを作成しておき、次からはそのスクリプトを実行するだけで良いようになります。


ここで紹介したコマンドは一例です。
まだまだたくさんのコマンドがありますので、公式ドキュメント Built-in Commands | WordPress Developer Resources をご覧ください。

Did this answer your question?