AMIMOTO ではメールサーバのご提供をしておりません。そのため、メールの送信には Gmail や SendGrid といった、外部のメールサーバーのご利用を推奨しています。

SMTP プラグインの一例

 

設定に必要な情報

  • 送信に使うメールアドレス (例; info@example.com )
  • 送信に使うメールアドレスのサーバ名(例: smtp.example.com )
  • 送信に使うメールサーバのポート番号 (例: 25/465/587)
  • 送信に使うメールサーバの認証情報 (ユーザ名 /パスワードクライアント IDシークレットキー など)
  • 送信に使うメールサーバの暗号化の有無: (無し  / SSL / TLS)

 

ここでは以下の2つのプラグインの設定を紹介します。

  • Easy WP SMTP 
  • POST SMTP Mailer/Email Log
     

 

Easy WP SMTP プラグインの設定

ここでは Gmail のアドレスを POST SMTP Mailer プラグインに設定し、送信する方法を紹介します。

1. プラグインのインストールと有効化

WordPress のダッシュボードからプラグインページに移動し、easy-mail-smtp と検索、インストールと有効化を行ってください。
 

2. プラグインの設定

2-1. [設定]  → [Easy WP SMTP] へ移動します

2-2. SMTP Settings タブの設定

  • From Email Address:  送信元に設定するメールアドレスを入力します (例: info@example.com
  • From Name: 送信者の名前を設定します。(例: サポートセンター)
  • Force From Name Replacement: 送信者の名前を上で設定した内容で上書き設定します。
  • Reply-To Email Address:  (オプション) 返信先アドレスを指定する場合
  • SMTP Host: 送信サーバを指定します(例smtp.example.com  など)
  • Type of Encryption: 暗号化の設定をします。
    次の SMTP Port と1セットの組み合わせです
  • SMTP Port: 25 /465 /587  が一般的です。
    上の 暗号化の設定とセットの設定なので、メールサーバの提供元に確認をしてください。
  • SMTP Authentication: 送信サーバは認証が必要かどうかを設定します。(No/Yes)
  • SMTP Username: 送信サーバのユーザ名を入力してください
  • SMTP Password: 送信サーバのパスワード名を入力してください

設定は以上です。 [Save Changes] をクリックして保存します。


2-3 動作テストを行う

[Test Email] タブへ移動し、以下の3点を入力し [Send Test Email] をクリックします

  • TO: 送信先のメールアドレス
  • Subject: メールの件名
  • Message: メールの本文

[Send a Test Email] をクリックして、正しく送信されれば設定は完了です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

POST SMTP Mailer/Email Log プラグインの設定

ここでは Gmail のアドレスを POST SMTP Mailer プラグインに設定し、送信する方法を紹介します。

1. プラグインのインストールと有効化

WordPress のダッシュボードからpost-smtp と検索し、インストールと有効化を行ってください。
  

2. プラグインの設定

2-1.
プラグインを有効化後、 [Post SMTP] をクリックしてください。
 
2-2.
[Start the Wizard] をクリックしてください。

 
2-3.
[Email Address] へメールの設定に使うメールアドレスを、 [Name] には設定する名前を入力し、[Next] をクリックしてください。

 
2-4.
[Outgoing Mail Server Hostname] に送信サーバを設定してください。
前のステップで Gmail のアドレスを入力した場合はメールの設定に smtp.gmail.com  が自動設定されます。

 
2-5.

サーバのポート番号と認証方法を設定してください。
Gmail の場合は [SMTP - gmai.com:587] を選択し、[Next] をクリックしてください。

 
2-6. [ Google Developers Console Gmail Wizard] をクリックして Client ID と Client Secret を入手してください。
その際 [Authorized JavaScript origins] と [Authorized redirect URI] をコピーしてください。

 
2-7.

[Create a project] を選択肢、[Continue] をクリックしてください。

 
2-8.
[ Go to credentials] をクリックしてください。
その際 [Authorized JavaScript origins] と [Authorized redirect URI] をコピーしてください。

 
2-9. [Which API are you using] は GmailAPIを、また [When will you be calling the API from?] はWeb serverをし、[What data will you be accessing?] は[User data] を各々選択し、[What credentials do I need?] をクリックしてください。

 
2-10.

[Name] には分かりやすい設定名をつけます。
2-6 で設定されている値を [Authorised JavaScript origins] と [Authorised redirect URLs] に入力してください。

 
2-11.

[Email address] には、2-3. で設定したメールアドレスを入力してください。
[Product name shown to users] には分かりやすいようプラグイン名を入力します。

 
2-12.

[I'll do this later] をクリックします。

 
2-13.
鉛筆マークをクリックします。

 
2-14.
[Client ID] と [Client secret] を必ずコピーしてください。また第三者には教えないようにしてください。
コピーをしたら[Save]をクリックします。

 
2-15.
画面がプラグインの設定画面に戻ります。
[Client ID] と [Client Secret] へ先ほどコピーした値をペーストし、[Next] をクリックします。

設定は以上です。
 

3. テストメール

[Send a Test Email] をクリックして実際に設定されたメールアドレスからメールが送信されるかを確認してください。

Did this answer your question?