AMIMOTO ではメールサーバのご提供をしておりません。そのため、メールの送信には Gmail や SendGrid といった、外部のメールサーバーのご利用を推奨しています。

設定に必要な情報

  • 送信に使うメールアドレス (例; info@example.com )
  • 送信に使うメールアドレスのサーバ名(例: smtp.example.com )

 

 

WP Mail SMTP by WPForms プラグインの設定

ここでは Gmail のアドレスを WP Mail SMTP by WPForms プラグインに設定し、送信する方法を紹介します。

※ プラグインやサービスの更新に伴い、ドキュメント内のスクリーンショットと差異が発生する可能性があります。

1. プラグインのインストールと有効化

WordPress のダッシュボードから wp-mail-smtp と検索し、インストールと有効化を行ってください。
 
※ プラグインやサービスの更新に伴い、ドキュメント内のスクリーンショットと差異が発生する可能性があります。

2. プラグインの設定

2-1.
プラグインを有効化後、 左側メニューの [設定] →  [WP Mail SMTP] をクリックしてください。
 
2-2. Mail セクションの設定

  • From Mail: 送信元とするメールアドレスを設定します
    Force From Mail の設定は任意です。
  • From Name: 差出人とする名前を設定します
    Force From Name の設定は任意です。
  • Return Path: 任意でチェックを入れます
  • Mailer: Gmail を選択します

2-3. GMail セクションの設定

API を使用してメールを送信するため、Google API コンソール へアクセスをして、Client ID と Client Secret を入手します。

2-4 API を入手する
[Create a project] を選択肢、[Continue] をクリックしてください。

 2-5. [ Go to credentials] をクリックしてます
その際 [Authorized JavaScript origins] と [Authorized redirect URI] をコピーしてください。

 
2-6. 次のような設定を行います。

  • [Which API are you using] :  GmailAPI
  • [When will you be calling the API from?] :  Web server 
  • [What data will you be accessing?] : [User data] 

設定後は [What credentials do I need?] ボタンをクリックしてください。

 2-7. 

  • [Name]:  分かりやすい設定名をつけます
  • [Authorised JavaScript origins]: https から始まる URL を入力します
  •  [Authorised redirect URLs] : 2-3 の Authorised redirect URI に設定されている URL を入力します

設定後、 [Create client ID ] ボタンをクリックします

 2-8. 

  • [Email address]: 2-2. で設定したメールアドレスを入力します。
  • [Product name shown to users] には分かりやすいようプラグイン名を入力します。

入力後、[Continue] ボタンをクリックします

 2-9.
[I'll do this later] をクリックします。

 2-10. 鉛筆マークをクリックします。

 2-11.
[Client ID] と [Client secret] を必ずコピーしてください。また第三者には教えないようにしてください。
コピーをしたら[Save]をクリックします。

2-12 GMail セクションの設定
2-11 で入手した Client ID と Client Secret を各々入力します。

[Allow plugin to send emails using your Google account ] をクリックし,テストメールを送信・受信します。
正しく送信されたら[Save Settings] をクリックして設定を保存します。

設定は以上です。

Did this answer your question?