SendGrid に登録する

1. アカウントを作成する

https://sendgrid.com/partners/wordpress/ 

2. Username、 Password、 Email Address を登録する

 

メール送信に使用するドメイン名の登録と認証をする

3. Sender domain name の認証を行う

[Settings] をクリックし、 [Sender Authentication] メニューを選択する

4. "Authenticate Your Domain" にある[Get Started] をクリックする

5. DNS host を選択する

ドメイン名で使用している DNS サーバを選択し、[Next] をクリックする

このドキュメントでは例として Amazon Route 53 を使用する。

(2) "Would you also like to brand the links for this domain" はオプション設定。

6. 認証するドメイン名を入力し、[Nex] をクリックする

7. 表示されている DNS レコードをコピーする

8. DNS サーバにコピーした DNS レコードを設定する

DNS プロバイダの管理画面にアクセスして、コピーした DNS レコードを追加・設定する。
AWS Route53の場合は以下のような設定となる。

Name: em629.example.com
Type: CNAME
Value: u12006450.wl201.sendgrid.net

Name: s1._domainkey.example.com.
Type: CNAME
Value: s1.domainkey.u12006450.wl201.sendgrid.net

Name: 2._domainkey.example.com.
Type: CNAME
Value: s2.domainkey.u12006450.wl201.sendgrid.net

9. DNS レコードを認証する

SendGrid のダッシュボードへ戻り、[Verify] ボタンを押して認証を行う

10. 認証が成功するとこの画面に切り替わる

 

API キーの作成とコピー

11. [Email API] メニュー内にある [Integration Guide] をクリックする

12. "WebAPI" を選択する

13. PHP の [Choose] をクリックする

14. [Create API Key] をクリックする

API キーの名前を入力して [Create Key] をクリックする

15. API キーが表示されるのでこれをコピーする

   

WordPress のプラグインのインストールと API キーの認証

16.WordPress ダッシュボードにログインし、プラグイン画面で "sendgrid" を検索。 SendGrid プラグインをインストールする

17. SendGrid の [Settings] をクリックする

18. 控えておいた API Key を入力する

19. "Name" と "Sending Address"を入力する

20. 設定を保存する

[Update Settings] をクリックして設定を保存する

21. 再び SendGrid のダッシュボード戻り、API キーの認証を行う

22. [Next: Verify Integration] ボタンをクリックする

最下部まで画面スクロールして [I've integrated the code above.] をクリックする

23. [Verify Integration] ボタンをクリックする

24. "It worked!" と表示されれば成功。

[View Email Activity] をクリックするとメールの送信状態を確認ができる。

25. コンタクトフォームプラグイン等をインストールして動作を確認する

以上。

Did this answer your question?